学生に嬉しい賃貸アパートの魅力

賃料や設備などの条件が良い物件が多い

学生向けの賃貸アパートの中には、家賃や敷金の金額が安いだけでなく、入居をした時から日常生活に役立つ家具や家電を使えるところが多くあります。たとえば、好立地の賃貸アパートは、近隣の大学や専門学校と管理会社が提携しているところもあり、新入生や在学生など一定の条件を満たす人であれば入居手続きをスムーズに進められるというメリットがあります。最近では、都市部の賃貸アパートをはじめとして、女子学生が安心して一人暮らしができるように、管理人が常駐しているところや、建物内に様々なセキュリティシステムを導入しているところもあります。 こうした物件は、入居者の募集が開始されてからすぐに契約者が決まることもあるため、少しでも気になる物件があればすぐに管理会社や不動産会社に問い合わせをすることがおすすめです。また、管理会社によっては、長期の入居契約を結ぶ学生を対象に、月々の賃料や管理費の値下げをしたり、契約更新の手間が掛からないようにしたりしているところもあります。そこで、理想的な物件を見つけるうえで、早い時期から各地の学生を中心に高く支持されている管理会社や不動産会社のサイトやアプリなどを上手く利用することが重要です。

家賃重視なら街の中心部から離れたところにある物件がねらい目

学生が家賃が安い賃貸アパートを契約したい場合には、街の中心部から離れたところにある物件をメインに検索することがポイントです。特に、築年数が古いところや、日当たりや周辺環境があまり良くないところは、破格の値段で契約できるケースもあり、余裕をもって物件探しを始めることが肝心です。また、入居後のリフォームや建て替えなどのトラブルを防ぐには、それぞれの物件の老朽化の程度や室内の居住環境について、写真や動画などを使って調べることが大切です。学生向けの物件を多数扱っている管理会社や不動産会社の中には、インターネット上で簡単に物件情報を集められるシステムを導入したり、年中無休で入居希望者の相談に対応したりしているところも少なくありません。

そのため、少しでも条件に合う賃貸アパートを見つけるうえで、希望のエリアで長年にわたり定評がある管理会社や不動産会社のサービス内容やスタッフの対応などを確認すると良いでしょう。その他、賃貸アパートの入居契約を結ぶ前には、間取り図を閲覧しただけでは判断が難しいこともあるため、担当者同伴のもとお目当ての物件の見学を欠かさずに行って、長く住み続けられるかどうか判断しましょう。