賃貸マンション特有の利便性とは?

賃貸マンションのメリット

賃貸マンションのメリットとしてまず最初に挙げられるのが、ローンの支払いを気にする必要がない事でしょう。一軒家やマンションを購入するためにローンを組んでいた場合、急な病気や事故、災害などで資金繰りが悪化した際、ライフプラン全体が破綻する可能性が出てきます。賃貸マンションの場合は、もしそうした事が起きたとしても状況に応じて、別のところへ気軽に引っ越しできます。

出費の調整が臨機応変にできるのも賃貸マンションの利点です。その時々の収入によって、入居する建物のランクを選択できるため、倹約もかんたんです。

ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるのも、賃貸マンションの魅力といえるでしょう。例えば結婚や子供の出生、両親の加齢に伴った二世帯住宅への移行など、その時々に応じた広さ、家賃の物件にかんたんに引っ越しできます。老後、老人ホームや施設に移動するとなった時も、財産の処分などを考えなくて良いため、踏ん切りが付きやすいです。また住民トラブルなど、不慮の事態に見舞われた際も、持ち家に比べるとはるかな気軽さで住居を移動できます。

総じて言うと、状況に応じて簡単に住む場所を変えられる「フットワークの軽さ」が、賃貸マンションを選ぶ最大の利点です。

賃貸マンションのデメリット

賃貸マンションを選ぶ際のデメリットとして、もっともよく挙げられるのが、壁に穴を開けたり、リフォームが気軽にできないという事です。ちょっとした改修も気軽には行えないので、生活の要所要所で不便を感じる可能性があります。仮にリフォームが行える場合でも、ほとんどは家主に連絡する必要があり、気軽さの面では持ち家と比べるべくもありません。

次に多いのが、生活する上で老後の不安を感じがちなところです。持ち家の場合は、退職した時点でローンの支払いが終わっているケースが多く、老後にそれ以上、住居費を払わなくても良い安心感があります。しかし賃貸マンションの場合はそうはいきません。それこそ生き続ける限りは賃貸料を払う必要があり、貯蓄が十分で無い場合、老後の大きな負担となります。

毎月の住居にかかる費用は、収入の四分の一以下が理想であるといわれます。働いて収入がある場合は大きな問題になりませんが、退職し、いざ年金暮らしとなった時に、住居にかかる費用がもらえる年金の四分の一を越えるようだと、状況によっては一気に生活が苦しくなる恐れがあります。もしも、頻繁に引っ越しを繰り返すような場合は、敷金・礼金といった要素も負担となるでしょう。