賃貸アパートの費用対効果について

賃貸アパートのメリットとは?

4月はお引っ越しシーズン真っ盛り。今「引っ越ししようかなぁ」と考えている皆さん、引っ越しのタイミングも重要ですが、引っ越し先はもっと重要です。新社会人の方、職業柄転勤が多い方、単身赴任や、1人暮らしを始める学生さんなど、それぞれ違う事情を持っているでしょうが、引っ越し先の家賃を安く抑えたいと思うのは、皆さん一緒ではないでしょうか? 一般に引っ越しをするとなると、賃貸アパートやマンションになるでしょう。皆さんはアパートとマンション、何が違うのかご存じでしょうか。少しもったいぶった言い方になりましたが、実は明確な違いは存在しません。材質や構造、建築方式が違うといった程度なのです。数年で転勤したり、各地を転々とする方は、家賃が安い方が何かと都合が良いですよね。新社会人の方や学生さんの場合も、お財布事情に直結する点でもありますし、家賃が安いに越したことはないはずです。 そんな場合には賃貸アパートがおすすめです。ほとんどのアパートはマンションと比較して家賃が低めに設定されていますし、街の中心部や駅近くにも多く存在しており、利便性がとても高いのです。朝起きるのが辛いという方にも、駅近くの物件であればすこしくらい長めに寝ていても大丈夫!安さと利便性、両方を兼ね備えた良物件の多さがアパートのメリットです。

賃貸アパートの費用対効果について

安さと利便性が売り、そんな賃貸アパートですが、実際の費用対効果はどれくらいのものなのでしょう。自分が払ったお金以上の効果が無ければ、あまり良い物件とは言えませんよね。気になる賃貸アパートの費用対効果ですが、これについては個々人によって大きく変わってきます。

例えば暑がり、寒がりの人であればエアコンの導入は必須になるでしょう。でも、仮に暑さも寒さも平気、という人の場合はエアコンの導入の優先度はあまり高くありません。エアコンだけで見れば元々完備してある賃貸アパートも少なくないです。初期費用こそ上乗せされますが、エアコンが必須な方にとっては、費用対効果を高く感じるのではないでしょうか。何より、賃貸アパートは元となる賃料の値段が低い。賃貸マンションの方が都合が良いケースを除けば、賃料が安く済ませられる時点で賃貸アパートの費用対効果は高いのです。

同じ間取りの賃貸マンションと賃貸アパートを比較すれば、前述したとおり賃貸アパートの方が安く済み、浮いたお金を違う部分に回せます。何かとかさばる食費に割り振ったり、貯金したり、好きなものを買う資金にすることもできます。初期コストの低さは、全体の費用対効果、コストパフォーマンスにとても影響します。そう考えれば、賃貸アパートの費用対効果は比較的高いことが伺えるでしょう。